グリーンルーフを備えたネットゼロ構造の住宅「The Rain Harvest Home」。メキシコの自然保護区に建設

グリーンルーフを備えたネットゼロ構造の住宅「The Rain Harvest Home」。メキシコの自然保護区に建設

メキシコシティから2時間の距離にある自治体バジェ・デ・ブラボの自然保護区に、グリーンルーフを備えたネットゼロ構造の住宅「The Rain Harvest Home」が建設されました。環境に配慮して設計されたと言います。

The Rain Harvest Home

環境に配慮したネットゼロ構造の住宅「The Rain Harvest Home」

一生住むことはできないかもしれませんが、自然の中にある家を見るのはよいことです。都会派の人であれば快適な環境を好むので、現代的な便利さも備えている必要があります。山や木や川のそばで、環境に配慮した豪華な家に住むというのは、夢のようにとてもロマンチックな話と言えるでしょう。

「The Rain Harvest Home」は、メキシコシティからわずか2時間のところに位置する自治体バジェ・デ・ブラボの自然保護区にあり、先に述べたすべての条件を満たしているようです。住宅自体がとても素晴らしいのですが、それだけではありません。母屋からすぐのところには、建築家のアトリエと離れの浴場があります。さらに目を引くのは、家全体を覆うような植栽の屋根(グリーンルーフ)です。

住宅の構造は、再生可能エネルギーで消費エネルギーをまかなう「ネットゼロ構造」。基本的に環境に配慮して設計されており、周囲の自然と調和するような立地条件になっています。太陽光発電のほか、敷地内には水処理・貯水システムも備えています。つまり、電気も水道もない「オフグリッド」な暮らしを実現できるのです。 電気や水を貴重品としている地域や国では、非常に重要なことと言えるでしょう。

住宅の全景 

この住宅は、トルカ火山を望む雄大なパビリオンとして設計されました。火山石を材料に含む盛り上がったコンクリートの台座の上に、住宅が配置されています。住宅の上には、鉄骨の柱を使った、独自のグリーンルーフがあります。もともと緑に囲まれている立地にありますが、グリーンルーフがあることでより強調されています。そのため、ドローンやGoogle Earthで見ると、この住宅はあたかも自然保護区の一部のように見えるのです。

上から見た住宅
ラウンジ
夕暮れの住宅

円形の独立した浴場では、温浴、サウナ、スチームシャワー、洗い場など、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。中央にある冷たいプランジプールからは、空を見上げることが可能です。 また、専用のスカイスペースを備えた建築家のスタジオには、トルカ火山に面した大きな窓があります。誰もが名作を生み出すのに十分なインスピレーションが、この住宅にはあると言えるでしょう。

円形の浴場
外と廊下
焚き火

【参考】EQUIPPED WITH A GREEN ROOF, PICTURESQUE STUDIO, AND SUSTAINABLE BATHHOUSE, THIS NET-ZERO HOME FULFILLS OUR HOME GOALS

令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成