自宅の庭での焚き火は違法?煙対策や灰処理方法、簡単な焚き火台のDIY方法まで紹介

自宅の庭での焚き火は違法?煙対策や灰処理方法、簡単な焚き火台のDIY方法まで紹介

自宅の庭でキャンプなどを楽しみたいとき、焚き火はしてもよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。結論から言うと、庭での小規模な焚き火は違法ではありません。ただし、規模や環境、焚き火で燃やすものによっては禁じられていることもあります。今回は、自宅での焚き火やバーベキューをするときに知っておきたい法律・条例や煙対策、灰処理の仕方、簡単な焚き火台のDIY方法などを紹介します。

自宅の庭での焚き火は「違法」ではない

自宅の庭での軽微な焚き火やバーベキューは、違法とはなりません。しかし、家庭ごみを不適切な設備や方法で焼却処分することは法律で禁じられています。

そのため、違法ではないとしても、しっかりとルールを守った上で焚き火を行うことが大切です。焚き火をする前に、法律の知識を備えておきましょう。

自宅の庭で焚き火やバーベキューをするときに知っておきたい法律・条例

まずは、自宅の庭で焚き火やバーベキューを楽しむ前に知っておきたい法律や自治体の条例を紹介します。

ドラム缶などでの焚き火
image by royaannmiller on unsplash

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(略称:廃棄物処理法)は、産業廃棄物などの適切な処理の方法について定めた法律です。第十六条には、廃棄物の焼却を禁止する記載があります。

(焼却禁止)
第十六条の二 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
一 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却
二 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
三 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

以上に違反すると、第二十五条の「罰則」に沿って「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科される」場合があります。

ただし、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」の第十四条では、焼却禁止の例外として以下が定められています。

(焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却)
第十四条 法第十六条の二第三号の政令で定める廃棄物の焼却は、次のとおりとする。
一 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
二 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
三 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
四 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却五 たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

つまり、キャンプなどで行う軽微な焚き火については違法となりません。具体的な例としては、以下が挙げられます。

●河川や海岸の管理者が行う、管理上必要な草木や漂着物の焼却
●「どんど焼き」などの地域の行事における不要になった門松、しめ縄の焼却
●畑の野焼き、麦わら、稲わら、雑草などの焼却
●焚き火、落ち葉たき、キャンプファイヤーを行う際の木くずの焼却

ただし、例外に該当する焚き火であっても、ビニール類、プラスチック類などの家庭ごみを混ぜて燃やした場合は、違法となるので注意が必要です。

(参考:廃棄物の処理及び清掃に関する法律 | e-Gov法令検索
(参考:廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 | e-Gov法令検索

軽犯罪法

軽犯罪法は、軽微な秩序違反の行為について定めた法律です。第一条の中には、火の取り扱いに関するものがあります。

第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
~中略~
九 相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者
十 相当の注意をしないで、銃砲又は火薬類、ボイラーその他の爆発する物を使用し、又はもてあそんだ者

十分な準備や管理をせず、燃えやすいもののそばで火を焚いたり、不適切に火薬類を扱ったりすると違法になり、罰則の対象になります。

(参考:軽犯罪法 | e-Gov法令検索

消防法

消防法は、火災を防止するための法律です。第三条には、消防署の方からの注意に関するものがあります。

第二章 火災の予防
第三条 消防長(消防本部を置かない市町村においては、市町村長。第六章及び第三十五条の三の二を除き、以下同じ。)、消防署長その他の消防吏員は、屋外において火災の予防に危険であると認める行為者又は火災の予防に危険であると認める物件若しくは消火、避難その他の消防の活動に支障になると認める物件の所有者、管理者若しくは占有者で権原を有する者に対して、次に掲げる必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
一 火遊び、喫煙、たき火、火を使用する設備若しくは器具(物件に限る。)又はその使用に際し火災の発生のおそれのある設備若しくは器具(物件に限る。)の使用その他これらに類する行為の禁止、停止若しくは制限又はこれらの行為を行う場合の消火準備
二 残火、取灰又は火粉の始末
三 危険物又は放置され、若しくはみだりに存置された燃焼のおそれのある物件の除去その他の処理四 放置され、又はみだりに存置された物件(前号の物件を除く。)の整理又は除去

消防署員に注意されたら焚き火を止めるか、適切な消火対策をしなければなりません。周囲の方が通報し、消防車が出動するような事態とならないよう、十分に注意して行いましょう。

(参考:消防法 | e-Gov法令検索

番外編:公園での焚き火に関する法律

自宅の庭以外、公園などでの焚き火はしてもよいのか知りたい方もいるかもしれません。番外編として、公園での焚き火に関する法律について紹介します。

都市公園法

都市公園法は、国や地方自治体が設置する公園に関する法律です。第十一条の禁止行為の中に、焚き火があります。

(国の設置に係る都市公園における行為の禁止等)
第十一条 国の設置に係る都市公園においては、何人も、みだりに次に掲げる行為をしてはならない。
一 都市公園を損傷し、又は汚損すること。
二 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。
三 土石、竹木等の物件を堆たい積すること。
四 前三号に掲げるもののほか、公衆の都市公園の利用に著しい支障を及ぼすおそれのある行為で政令で定めるもの

この法律に関連する「都市公園法施行令」では、第十一条・四の政令で定める行為について以下のように記載しています。

(法第十一条第四号の政令で定める行為)
第十八条 法第十一条第四号の政令で定める行為は、次に掲げるものとする。
~中略~
三 公園管理者が指定した場所以外の場所でたき火をすること。

つまり、身近に多くある都市公園での焚き火は原則的に禁止となります。周辺の公園で、管理者への届け出や許可なく焚き火をするのはやめましょう。

(参考:都市公園法 | e-Gov法令検索
(参考:都市公園法施行令 | e-Gov法令検索

自然公園法

自然公園とは、「優れた自然の風景地」として国や自治体が指定し、保護・管理している区域のことを指し、国立公園・国定公園・都道府県立自然公園の3つが該当します。

自然公園法では、自然公園の中でも「特別保護地区」としている区域での焚き火を禁止しています。

(特別保護地区)
第二十一条
3 特別保護地区内においては、次の各号に掲げる行為は、国立公園にあつては環境大臣の、国定公園にあつては都道府県知事の許可を受けなければ、してはならない。ただし、非常災害のために必要な応急措置として行う行為は、この限りでない。
~中略~
六 火入れ又はたき火をすること。

目的地の公園が「特別保護地区」と定められている場所か、事前の確認が必要です。ただし、「特別保護地区」以外であっても、山中での焚き火は山火事の危険がある上、土地所有者が禁止している場所もあるため、自然公園での焚き火は控えたほうがよいでしょう。

(参考:自然公園法 | e-Gov法令検索

地方自治体が制定する条例

法律以外にも、各自治体で制定している条例もあります。自治体が管轄している土地(山や河川、海岸も含む)では、その条例に従いましょう。各自治体の条例をいくつか紹介します。

東京都内

東京都が定める「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」の第百二十六条では、「廃棄物焼却炉を用いずに、廃棄物等を焼却してはならない。ただし、規則で定める焼却および伝統的行事等の焼却行為については、この限りでない。」としています。東京都内での廃棄物の焼却行為となるような焚き火は、原則禁止です。都内の各自治体のHPで具体的な禁止行為を記載している場合もあるので、事前に確認しましょう。

(参考:都民の健康と安全を確保する環境に関する条例

神奈川県横浜市

「横浜市生活環境の保全等に関する条例」の第47条では、「燃焼の際排煙または悪臭を発生するおそれがある合成樹脂等の規則で定めるものを、屋外において燃焼させてはならない。」しています。ただし、規則に定められているものの燃焼や地域的慣習による催しに伴う燃焼行為は例外として認められているので、十分に注意しながら焚き火を行いましょう。

(参考:横浜市生活環境の保全等に関する条例

北海道札幌市

「札幌市火災予防条例」の第29条では、「引火性または爆発性の物品その他の可燃物の近くにおいては、焚き火をしてはならない。焚き火をする場合においては、消火の準備をし、かつ、十分な監視を行なわなければならない。」と定めています。危険物のそばでの焚き火や消化対策を行っていない焚き火は、条例違反となるので注意が必要です。

(参考:札幌市火災予防条例

お住まいの地域によって条例の内容が異なる場合があるので、事前に自治体のHPなどをチェックしておきましょう。

庭キャンプを楽しもう!自宅で焚き火をするときの注意点

法律や条例を守った上で、自宅の庭でキャンプを楽しみたいという人もいるのではないでしょうか。ここでは、庭キャンプで焚き火をするときの注意点を紹介します。

近所の迷惑にならないようにする

焚き火を行う際は、煙や灰、ススなどが出るため、近所の方の迷惑になってしまう場合があります。まずは、焚き火をする前に近隣の方へ挨拶をしておくとよいでしょう。近所の方々に「あの家ではこれから焚き火をするのか」と認識してもらえることで、洗濯物への臭いの付着などを防ぐことができます。近所の迷惑とならないよう、十分に配慮した上で焚き火を楽しみましょう。

安全なスペースを確保する

自宅の庭に、灯油タンクなど燃えやすいものが置いてあるという方もいるかもしれません。燃えやすいものに引火して火事になった場合は、先述したように「軽犯罪法」に違反するため、罪に問われることになります。焚き火をする前に、周囲に燃えやすいものがないか確認し、安全なスペースを確保してから、焚き火をするようにしましょう。また、火事とならないために消火対策をしておくことも大切なポイントです。

煙が出ない工夫をする

その日の気候や風向きなどによっては、煙が大きく出てしまう可能性があります。煙を見た近所の人が火事だと思い通報し、消防員が出動するといった事態になりかねません。それを防ぐため、焚き火をするときは煙を減らす工夫をすることが重要です。煙対策については、次に詳しく説明します。

自宅の庭で焚き火をするときの煙対策

二次燃焼イメージ
image by thedarkmatter on unsplash

自宅の庭で焚き火をする際に、煙が出ないようにするにはどのような工夫をすればよいのでしょうか。そのポイントは、「二次燃焼」です。燃焼は、一次燃焼・二次燃焼・三次燃焼以上に分類されています。

一次燃焼は燃料が燃焼すること、二次燃焼は、煙が燃焼することをいいます。二次燃焼では、煙自体が燃えるため無煙に近い状態で火を焚くことが可能です。ここからは、焚き火で二次燃焼を促すためのポイントを紹介します。

【関連記事】二次燃焼構造のおすすめ焚き火台9選。仕組みやメリット・デメリットとは?

<煙対策1>二次燃焼ができるファイヤーピットを使う

焚き火で使うファイヤーピット(いわゆる「炉」)の中には、二次燃焼を促す二重構造となっているものがあります。煙の排出が少ないため、美しい炎の揺らぎを眺められるのが魅力です。また、焚き火初心者でも、薪の組み方や投入のタイミングに悩むことなく、簡単に煙が少ない焚き火ができます。焚き火が終わった後は、ピット内の灰を捨てるだけなので、後片付けが楽なのもメリット。大きさやデザインはさまざまありますが、持ち運びしやすいコンパクトなタイプがおすすめです。

<煙対策2>乾いた薪を使い、組み方や燃やし方に気をつける

煙を抑えるには、しっかりと乾いた薪を使うことが大切なポイントです。薪に水分が多いと、燃やしたときに煙が多くなります。焚き火をする前に、手元の薪を天日干ししておくだけでも乾燥が進むので、準備をしておきましょう。

着火前の薪の組み方は、漢字の「井」の字のように組む井桁状や、閉じ傘のように薪同士を立てかけると燃えやすくなります。その際、あえて隙間を空けて薪と薪の間に空気の通り道を作れば、炎が広がりやすくなります。薪が焚きついたら、徐々に太い薪を投入し、二次燃焼となるように気をつけながら燃やしていくことが大切です。

薪の乾燥方法や、種類について詳しく知りたい方はこちら

【関連記事】薪の乾燥方法とは?最適な期間や保管の仕方、乾燥度の見分け方も解説
【関連記事】焚き火に使う薪の種類はどれがいい?特徴の一覧や見分け方、購入先を紹介

自宅の庭で焚き火をしたあとの灰処理の仕方

庭での焚き火は、燃やすときだけではなく後片付けまで細心の注意が必要です。燃えた灰をそのままにしておくと、後日風に舞い、近所迷惑になるケースも考えられます。ここでは、焚き火のあとの灰処理の仕方を紹介します。

自治体のルールに従って廃棄する

焚き火で出た灰は、自治体によって「燃えるゴミ」か「燃えないゴミ」か、分類が異なる場合があります。「袋に入れて燃えるごみとして捨てる」など、お住まいの自治体のルールを調べ、それに従って廃棄しましょう。

リサイクルする

灰は、捨てずにリサイクルすることもできます。例えば、畑や家庭菜園の肥料や、山菜や木の実のアク抜きなど、さまざまな活用方法があります。リサイクルできそうであれば、密閉容器などに入れて保管しておいてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】焚き火をした後の灰の処理は?安全な処理方法とリサイクル活用術を紹介

自宅の庭で使う「焚き火台」をDIYする方法

庭キャンプをする際に、「自分で焚き火台を作ってみたい」と考える人もいるのではないでしょうか。ホームセンターなどで手軽に手に入る資材を使った、簡単な焚き火台のDIY方法を紹介します。

U字溝ブロックで作る

U字溝ブロックとコンクリートブロックを置くだけの、とても簡単な焚き火台の作り方です。

<準備するもの>
・U字溝ブロック 1個
・コンクリートブロック 2個

<作り方>
1.お好みの位置にコンクリートブロックを50~70cm程度離して置きます。
2.その上にU字溝ブロックを置いて完成です。

U字溝ブロックは、溝の幅が広すぎると扱いにくくなるので、180mm幅程度のコンパクトなサイズがおすすめです。そのサイズであっても30kg程度の重量があるため、扱いには十分注意しましょう。できあがった焚き火台に網や鉄板を載せれば、手軽にバーベキューも楽しめます。

ただし、コンクリートは急激な温度変化に弱いので、急に冷やすと割れたり弾けたりする危険性があります。消火のために水をかけて冷やすことは、絶対にやめましょう。

耐火レンガを積んで作る

耐火レンガを積んで作る、見た目にもお洒落な焚き火台の作り方です。

<準備するもの>
・コンクリートブロック
・耐火レンガ
・耐火レンガ 半マス(耐火レンガを半分に切ったもの)

※それぞれの資材のサイズや個数は、設置する場所、希望のサイズに合わせて調整してください。

<作り方>
1.焚き火台を設置したい場所の地面をならして平らにします。
2.土台となるコンクリートブロックを並べます。
3.耐火レンガと半マスのレンガを、コの字型になるように積みます。背面は半マスのレンガを1つ使用し、空気穴を2つ作ります。
4.希望のサイズ、高さまで積んだら完成です。

レンガを積むだけでできるため、DIY初心者でも簡単に作れます。庫内の左右にレンガをいくつか積めば、網を載せることもできるのでバーベキューも楽しめて便利です。ただし、コンクリート等で固めていないため、安定性はありません。周囲を歩くときなどに、足を引っ掛けて崩すことがないよう注意しましょう。

焚き火に必要な薪の購入は通販がおすすめ

焚き火に必要な薪の種類や量を指定したい場合は、通販がおすすめです。通販の薪は、十分に乾燥していることが多いため、すぐ使えるのがメリットです。

長野県で木材加工業を営む齋藤木材工業株式会社は、信州産カラマツ100%の薪を販売するECサイト「森の中ストア」を運営しています。販売している薪には、以下のような特徴があります。

●きちんと乾燥させているため、着火が容易で煙が少ない
●専用の施設で乾燥させているため、自然乾燥薪と違って保管時に虫が出ない
●建材加工技術を応用しているため、松特有のヤニがつきにくい

薪の購入に際しては配達日時の指定が可能です。庭キャンプでの焚き火を楽しみたい方は、是非この機会にお試しください。

法律に気をつけながら自宅の庭で焚き火を楽しもう

自宅の庭での軽微な焚き火は、「家庭ごみを混ぜて燃やさない」ことを守れば、法律違反にはなりません。しかし、焚き火をするときは、火事につながったり、近所の方の迷惑になったりしないよう煙対策や後処理などを行うことも大切なポイントです。ルールをしっかりと守りながら、庭での焚き火を楽しみましょう。

令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成